レザーキャップはかぶるだけでカジュアル全般、大人ファッション、モードファッションまで幅広くコーディネートが出来て世代や性別を問わずに今人気のアイテムです。さらに使えば使う程に柔らかくかぶりやすくなる本革タイプや雨にも強いフェイクレザー、そしてシンプルな装飾の無い物からクールでハードな装飾がついた物までいろいろなタイプが販売されていますので好みに合わせて選ぶ事が出来ます。そんな人気のレザータイプのキャップは特に本革を使用している物はお手入れの際に気を付けなければいけない事も多々あり、コットン素材のキャップと違いお洗濯も出来ませんし、汚れたままだとカビや傷みの原因にもなります。そこでお手入れの方法と長く愛用するためのポイントを何点か集めてみました。

レザーキャップの日頃のお手入れ方法

本革のキャップの場合使っているうちは、あまり汚れは目立ちませんが、ちょっとの間休ませるだけで汚れが表面に浮いて来たりカビが繁殖しやすくなります。そこで日頃のお手入れもかなり大切です。まず使用した後は風通しの良い場所に保管する事と、汚れが付いた場合は固く絞ったタオルで優しく汚れた箇所を拭き取り風通しの良い場所で乾かします。また雨にあたり濡れてしまった場合も同様に陰干しをします。この際に大事な事はベンジンなどの薬剤は使用しない事。また干す場所としては長時間直射日光が当たるような場所は革を乾燥させてひび割れの原因になりますのでそういった場所を避けます。また皮革製品は濡れると色落ちを起こす事がありますので色移りしそうな物のそばには干さないようにしましょう。

1か月に一度もしくは2か月に一度のお手入れ

レザーキャップのスペシャルケアとして1か月~2か月に一度、また雨に濡れて乾燥させた後などは革靴用クリームや皮革製品専用のオイルを使用してお手入れする必要があります。この際にはスポンジか自分の手を使い優しく塗り込んでいき、ツバの裏なども同様に塗り込んでいきます。この際、多少多めでも乾くとしっかり吸収され保湿されますので気になるべたつく場所のみ軽くタオルで抑えて終了です。また傷がついてしまった場合は固く絞ったタオルで優しく拭くとかなり目立たなくなりますが、拭いた後はよく乾燥させてクリームやオイルで仕上げます。また長期間かぶらない場合はお手入れ後専用の箱に入れて風通しの良い場所に保管するか、もしくはお手入れ後に型崩れや湿気を防ぐために中に新聞紙などで詰め物をして、同じく風通しの良い場所に保管しましょう。